June 09, 2010

「きな子 見習い警察犬の物語」試写会募集中です

きな子 見習い警察犬の物語の映画試写会ご招待 - 映画のことならeiga.com

kinako1.jpg

四国の香川県丸亀市。瀬戸内海に面した自然豊かなこの地に、日本一有名な見習い警察犬がいる。警察犬試験に6回挑戦しながらいずれも不合格、2005年の訓練会では障害物を越えられず顔面着地した映像がTV局で取り上げられ話題となり、あきらめずに警察犬をめざして頑張る姿に多くの人が勇気づけられた。これは、そんな見習い警察犬きな子と、きな子を取り囲む人々の心温まる物語。
Story:きな子は体が弱く、警察犬になれる見込みがないと所長に言われるが、杏子ときな子はパートナーとなり、警察犬試験に向けて奮闘の日々が始まる。しかし杏子は、試験に何度も失敗するきな子と未熟な自分を責め、きな子との別れを決意する……。

eiga.comで、現在、映画試写会に参加する人を募集しています。
きな子 見習い警察犬の物語の映画試写会ご招待 - 映画のことならeiga.com

「きな子 見習い警察犬の物語」試写会
7月6日(火)
開場18:00 開演18:30
東京・有楽町 有楽町朝日ホール

見習い警察犬の奮闘を描く「きな子 見習い警察犬の物語」の試写会に、300組600名様をご招待!
応募締切は6月28日(月)です。お早めにご応募ください。

きな子 見習い警察犬の物語の映画試写会ご招待 - 映画のことならeiga.com

投稿者 Yuki : 10:22 PM | コメント (0)

May 06, 2010

ペットを飼って、繁殖を望まないなら避妊手術も考えましょう。

U Streamの「トークライブ『犬と、いのち』をめぐって」を2時間10分、視聴しました。
みなさんも色々と感じることがあるのではないか、と思います。

中で話されているのを聞いて、あらっと思ったのは、犬猫の年間殺処分頭数は28万頭(平成20年度)もいて(それでも、私が記憶している年間60万頭からは半減している)、犬が約8万頭に、猫が20万頭もいるんですね。
私は、犬の方が飼育頭数が多い分、処分頭数が多いものだと思っていました。

正確な数値は以下からご覧いただけます。
環境省 犬・ねこの引取り及び負傷動物の収容状況(平成20年度)
犬・ねこの引取り及び負傷動物の収容状況(平成20年度)
この環境省の数値から、犬の引取り数が、成犬9万頭に対して幼犬2万頭と、成犬が多いこと、猫の引取り数が、成猫5万頭に対して幼猫が15万頭もいて、いかに子猫の引取り数が多いかが分かります。

譲渡会が全国各地で行われていて、そこで新しい家族を迎え入れるということも最近は多くなっています。
環境省 動物再飼育支援 収容動物データ検索サイト
環境省 動物再飼育支援 収容動物データ検索サイト

東京都での収容動物の検索はこちら(迷子のワンちゃんネコちゃんを探す場合)
東京都動物愛護相談センター
東京都動物愛護相談センター 収容動物情報
収容動物検索システム
東京都動物愛護相談センターが行う犬猫の譲渡事業
東京都動物愛護相談センターが行う犬猫等の譲渡事業

もし飼育動物に、繁殖を望まないなら避妊(不妊)・去勢手術の実施を考えることは必要ですね。
お話を聞いて、再認識しました。
但し、避妊(不妊)・去勢手術には危険も伴いますので、その点はご家族で、そして獣医師とよくご相談なさって下さい。

投稿者 Yuki : 12:16 AM | コメント (2)

October 30, 2009

「犬と猫と人間と」の監督 飯田基晴さんとブログ「富士丸な日々」で有名な穴澤賢さんの対談

現在、渋谷のユ-ロスペース(渋谷区円山町1‐5(渋谷・文化村前交差点左折))で公開されている映画「犬と猫と人間と」の監督である飯田基晴さんとブログ「富士丸な日々」で有名な穴澤賢さんの対談が掲載されています。

穴澤さんが仰ることに、ペットポータルとしても共感します。

そうして犬を捨てた人は、この映画を観ないでしょう…。だからもう、そこが本当にジレンマで。僕がやっていた「富士丸な日々」というブログもそうですけど、基本的に、みんな犬が好きなわけですよ。その人たちに向かって、「犬を捨てないで」といっても意味がない。そもそもそんなことしない人たちですから。

動物と人間~そのやさしさの距離 - L-Cruise - 日経トレンディネット
ひとりのおばあさんの依頼からはじまった
動物と人間~そのやさしさの距離 - L-Cruise - 日経トレンディネット
動物と人間~そのやさしさの距離 - L-Cruise - 日経トレンディネット
自分が選択肢として持っていないことはしない
動物と人間~そのやさしさの距離 - L-Cruise - 日経トレンディネット
映画で伝えたかったこと
動物と人間~そのやさしさの距離 - L-Cruise - 日経トレンディネット
ペット産業と捨てられる犬猫たちのいびつな構造
動物と人間~そのやさしさの距離 - L-Cruise - 日経トレンディネット
犬や猫の問題は突き詰めれば人間社会の問題
動物と人間~そのやさしさの距離 - L-Cruise - 日経トレンディネット

富士丸な日々
富士丸な日々

映画「犬と猫と人間と」について
映画「犬と猫と人間と」 オフィシャルサイト

絶賛上映中!!(11月20日まで) Tel : 03-3461-0211
上映時刻 11:10/13:40/16:10/18:40 
劇場でのトークイベント開催中!!
●10/31(土)16:10の回上映後 竹内薫さん(猫好き科学作家)×飯田基晴監督
●11/5(木)13:40の回上映後 杉本彩さん(女優/作家)×飯田基晴監督
●11/8(日)16:10の回上映後 マルコ・ブルーノさん(出演者)×飯田基晴監督
●11/14(土)16:10の回上映後 穴澤賢さん(ブログ「富士丸な日々」)×飯田基晴監督
●11/15(日)16:10の回上映後 
製作のローポジションで本作品のスタッフ 土屋トカチさん×常田高志さん×飯田基晴監督
※イベント内容、ゲストはやむをえない都合により変更になる場合があります。

順次公開
------------------------------------------------------------------------
10月17日(土)~ 新潟県 十日町シネマパラダイス TEL:025-752-7505
11月7日(土)~ 愛知県 名古屋シネマテーク  TEL:052-733-3959
11月21日(土)~ 大阪府 第七藝術劇場  TEL:06-6302-2073
11月21日(土)~ 京都府 京都みなみ会館  TEL:075-661-3993
11月21日(土)~ 岡山県 シネマクレール TEL:086-231-0019
11月21日(土)~ 広島県 横川シネマ TEL:082-231-1001
11月28日(土)~ 神奈川県 シネマ・ジャック&ベティ TEL:045-243-9800 
12月5日(土)~ 福岡県 KBCシネマ1・2 TEL:092-751-4268
12月5日(土)~ 神奈川県 川崎市アートセンター TEL : 044-955-0107
12月7日(月)~ 愛媛県 シネマルナティック TEL:089-933-9240
12月上旬~ 北海道 シアターキノ  TEL:011-231-9355
12月12日(土)~ 兵庫県 神戸アートビレッジセンター TEL:078-512-5500
12月12日(土)~  徳島県 シネアルテ TEL:088-632-2239
12月12日(土)~ 富山県 フォルツァ総曲輪 TEL:076-493-8815
10年1月9日(土)~ 静岡県 浜松 CINEMAe_ra TEL:053-489-5539
1月16・17日 長野県 松本シネマセレクト TEL:0263-98-4928
10年1月23日(土)~ 新潟県 新潟シネウインド TEL:025-243-5530
10年1月予定 北海道 苫小牧シネマトーラス TEL:0144-37-8182
日時未定 群馬県 シネマテークたかさき TEL:027-325-1744
日時未定 石川県 シネモンド TEL:076-220-5007

今後も公開劇場は増えていく予定です。

投稿者 Yuki : 04:44 AM | コメント (0)

September 29, 2009

「犬と猫と人間と」10月10日から公開

年間35万頭処分されるペット達の現実、日本に暮らす犬猫と人間の現在を描く『犬と猫と人間と』 -movieニュース:CINRA.NET

ペット産業の隆盛にともなって、日本ではペットを飼う人が年々増えてきている。しかしその陰で、システム的に殺処分されていく犬猫も数を増し、その数は年間で35万3,098頭(2006年度)、1日あたり967頭にも上る。飯田監督のカメラは、行政施設の犬猫処分の現状など、目をそらしたくなるようなペット大国・日本の姿を浮き彫りにしてゆく。

その一方で動物を必死に救おうとする人々も作品内に登場する。人間の都合で猫たちの生殖能力を奪うことにジレンマを覚えながらも、野良猫の避妊去勢手術を続ける獣医たち。多摩川沿いの野良猫たちを長年写真に収め、世話を続ける夫婦。自分のお年玉をつぎ込み、捨てられた子犬を世話する小学生たちなど、年代や職業は違えども、動物を愛する人々がそこに存在する。

現状を憂えた1人の女性と、ドキュメンタリー映画監督の出会いが、この映画を生んだのだそうです。

確実に何か、動物とのつきあい方が変化していることをペットポータルは感じます。

投稿者 Yuki : 08:09 PM | コメント (0)

September 24, 2009

ペットに迷子札を。

熊本市ではペットに迷子札をつけることで、犬の殺処分が1999年の750頭から2008年の77頭の、約10分の1に減ったそうです。
ペットの個体識別では、マイクロチップがよく知られています。
でも、すべての動物病院でマイクロチップインジェクターを準備しているわけではなく、より手軽に家庭で行えるなら、それに越したことはないですね。

市動物愛護センターによると、殺処分ゼロを目指してセンターや市獣医師会、ペット業者などが02年に市動物愛護推進協議会を作った。センターに保護される犬は毎年500頭に上るが、協議会は迷子も多いと見て写真付きの張り紙を公共施設に掲示し、市のホームページでも飼い主へ引き取りを呼びかた。

 08年は、保護した470頭の半数近くが飼い主に戻った。200頭が新しい飼い主に引き取られ、殺処分は77頭にとどまった。99年の750頭に比べ10分の1に減り、市の取り組みは全国に知られるようになった。

 猫も、自治会を巻き込んで避妊手術を進めたり、手がかかる乳児期の野良猫をボランティアが育てて新たな飼い主を探す努力を続け、殺処分はほぼゼロとなっている。

野良犬・野良猫:殺処分ゼロへ、ペットに「迷子札」を 熊本市が呼びかけ /熊本 - 毎日jp(毎日新聞)

■ペットポータル■: ペットへのマイクロチップ埋め込みを動画で見ましょう。
■ペットポータル■: ほっとリポート “アブナイ”ペットにICチップ


投稿者 Yuki : 02:42 PM | コメント (0)

March 01, 2009

カエルツボカビに続き、ラナウイルスが日本に上陸か!?

ラナウイルス感染、カエル大量死 - 速報:@niftyニュース

両生類などに感染して死なせるラナウイルスによって昨年秋、国内の池でウシガエルが大量死していたことが27日、麻布大の宇根有美准教授(獣医学)の調査で分かった。このウイルスの感染確認は国内初で、感染した両生類の治療法はないはないが、人間には感染しないという。

麻布大学 宇根有美 准教授によれば、北米で06年に実施した約110地点の調査では、カエルの死因の43%を占め、ツボカビの16%を上回ったとのことです。

昨年11月20日の朝日新聞には、日本上陸の報告はないとのことでしたが、実は、すでに上陸していたことが今回の発表で判明しました。

多数のカエルが検疫なしで輸入されており、もしそれらが不健康だから、あるいは輸入したら死んでいたという理由で、池や沼などに放されたら、国産のカエルや両生類が感染して、生態系に大きな影響を与えかねません。

カエルツボカビの対策と同様、カエルが死んだら、可能であれば焼却する、あるいはビニール袋に密閉して生ゴミとして捨てて下さい。
間違っても、庭や公園に埋めるなどしないで下さい。
水槽の水も、カエルの体調が悪い場合には、消毒してから捨てるなどの配慮が必要です。
そのまま下水に流すようなことがあれば、ウイルスをまき散らしているのと同じです。
ウイルスが生き延びて、環境中から取り除くことができません。

特に、家庭で閉鎖的な環境で飼われているペットのカエルよりも、頻繁にペット用のカエルの入れ替えが行われるペットショップやペットを取り扱っているホームセンターなどでの対応が非常に重要だと思います。

■関連記事■
カエルの大量死招く ラナウイルスを警戒 | トピックス | 麻布大学

ラナウイルス(Ranavirus) | 麻布大学

■ペットポータル■: カエルツボカビ症に関する情報
■ペットポータル■: カエルツボカビに関する情報(続報)
■ペットポータル■: カエルツボカビ(第3報)死亡例の発見はないが、侵入を確認

投稿者 Yuki : 02:10 PM | コメント (0)

June 13, 2007

カエルツボカビ(第3報)死亡例の発見はないが、侵入を確認

カエルツボカビ、神奈川で感染確認 : ローカルニュース : ニュース : カナロコ -- 神奈川新聞

調査したのは、麻布大学獣医学部の宇根有美准教授らの研究グループで、本格的な野外調査の予備調査として神奈川など九都県で採取した野生種の両生類二十三種百三十二匹を対象に行った。ペット用や研究用として流通していたもののほか、野生環境で捕獲されたものも含まれている。

 このうち、神奈川など五県の八種四十二匹からカエルツボカビが検出、人が触れていない両生類ではウシガエル四匹から確認された。ただ、いずれもカエルツボカビ症は発症しておらず、死亡例もなかった。

この夏から全国規模の調査がされるとのことです。

正しい情報の提供が望まれます。

ツボカビに感染したカエルなどの両生類を野生に捨ててはいけません。

ツボカビに感染した両生類を飼育していた水を川に捨てないで下さい。
環境中にツボカビの胞子や遊走子が入り込んでしまい、根絶できなくなってしまいます。

死んだカエルは、焼却してください。また、清潔なビニール袋などに密封して生ゴミとして出すこともできます。間違っても庭に埋めるなどしないで下さい。

ツボカビ症のカエルの飼育容器の中にあった植物、水草やコケなどは消毒できません。必ずすべて焼却処分してください。土に埋めるなどの処理は、しないでください。

簡単な方法として有効なのは、熱湯による消毒です。ツボカビの遊走子(胞子)の予防対策としては、お湯に飼育容器を漬けるだけでも有効な殺菌方法になります。
実験では30度の水温で遊走子は死ぬとのことですが、万全を期して、飼育していた水にも熱湯を加えて、お風呂ぐらいの温度(40度)くらいになれば、安全だと思います。

■ペットポータル■: カエルツボカビ症に関する情報
■ペットポータル■: カエルツボカビに関する情報(続報)

投稿者 Yuki : 11:01 PM | コメント (0)

June 12, 2006

アトピー:1歳までにネコやウサギ室内飼いでリスク増!?

どうなんでしょうか? この記事だけでは、この調査結果が「分かった」とする結果を導き出してよいものか、小職には分かりません。

アトピー:1歳までにネコやウサギ室内飼いでリスク増!? 犬は大丈夫 医療:MSN毎日インタラクティブ

1歳になるまでにネコやウサギを飼っていた家庭の子どもは、アトピー性皮膚炎になるリスクの高いことが、国立成育医療センター研究所(東京都世田谷区)の調査で分かった。イヌではリスクは高くならず、同研究所の松本健治・アレルギー研究室長は「アレルギー性疾患の発症を促すのは、ペットの抜け毛で増殖するダニだけではなく、ペットの種類に関係する別の原因がありそうだ」と説明している。1歳になるまでに家庭で、イヌを飼った子どもは585人、ネコは352人、ウサギやハムスターなどのげっ歯類は132人。 これらの子どものアトピー性皮膚炎発症率は15・3%、ぜんそくは16・7%で、飼育歴のない子どものそれぞれの発症率12・8%、13・9%と比べると、やや高かった。さらに、家族のアレルギーの有無などを考慮し、ペット飼育歴のない場合と、ペットの種類別の発症リスクを比べた。

アンケートの回答を得た母数は9,974人と十分そうな感じですが、さらに詳しく読むと「ウサギやハムスターなどのげっ歯類は132人」とのことで、途端にサンプル数が母数の1.3%にまで低下します。そこからアトピー性皮膚炎やぜんそくになったお子さんを仮に足しても、約40人にまでサンプル数は減少し、他と比較して、疫学的に判断するには不十分な数だといわざるを得ないのではないでしょうか。

もちろん、ペットの毛やノミダニの死骸などが原因になり得ることは理解できますが、犬や外猫では大丈夫で、内猫やげっ歯類では確率が高まるということは、家の換気の問題(内猫が外に出ないように閉め切っている)がある場合は、ハウスダストが悪さをしている可能性も否定できません。
また、アンケートだけでなく、個別にアトピーやぜんそくのもととなるアレルゲンの特定までされてあれば説得力が増したと思いますが、アレルゲン検査の有無までは言及されていませんでした。

他の意見も参考にするため、以下の記事もご覧になって下さい。

関連記事:
アトピーのウソ?ホント?vol.7 アトピーでもペットは飼えるの? - [アトピー]All About
「ペットがアトピーを防ぐ?」---米国調査 2002年 8月29日

投稿者 Yuki : 01:47 AM | コメント (2)

April 13, 2005

2004年JKC登録頭数と飼育頭数から考えること

社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)が毎年発表なさっている登録頭数を経時的にみてみました。
JKC紹介:登録数

1999年から2003年までは順調に対前年5~10%の伸び率で頭数が増えてきましたが、昨年遂に対前年を割り減少に転じました。

JKC1.GIF
JKC2.GIF

但し、これが日本での飼育頭数全体を反映しているものではありません。
ペットフード工業会の調査結果では、2003年の11,137千頭から2004年の12,457千頭へ11.9%も増加しているとのことです。
ちなみに猫の場合は、2003年の8,087千頭から2004年の11,636千頭へ43.9%の大幅増だとのことです。にわかには、信じがたい伸び率です。

話を登録頭数に戻しますと、犬種にも変化が認められます。
ダックスフンド(特に多いのはミニチュアダックス)は、1997年から8年連続で第1位で変わらず、チワワが2001年から4年連続で第2位につけています。
TV CFの影響もあるものと拝察しますが、2003年と2004年とでは第1位と第2位の間で小さな変化が起こっています。ダックスフンドは約12,000頭減りましたが、チワワは約7,000頭増えています。
但し、まだ差が7万9千頭もあるので、順位の逆転は急にはないものと思われます。

JKC2004.GIF

一時期、大人気となったラブラドール・レトリーバー(第9位)やゴールデン・レトリーバー(15位)のような大型犬種は年々順位を下げています。
米国や英国ではラブラドールレトリーバーが第1位を占めている状況とは大きく異なります(但し、執筆当時に調査して知り得たのは2001年の登録頭数です)。
今月のワンテーマ/2001年 JKC&AKC&KC 犬種別年間登録頭数

また、柴犬(11位)や日本スピッツ(33位)、秋田犬(56位)、甲斐犬(58位)、紀州犬(100位)、北海道犬(125位)など国産犬は本当に将来どうなってしまうの?というぐらい減ってしまっています。

また、人気が上位の犬は益々頭数が増えて、どんどん上位の犬種が全体の登録頭数に占める比率が上がっています。
2004年では上位10位までで75%を占め、上位3位までで50%を超えるようになってしまいました。
ここにも、日本の国民性があらわれていると思います。
しかし、上位3位で半分を占めるという状況は、もし流行が去ったらどうなるのだろうと個人的に心配してしまいます。また、一時的なブームで遺伝的に近親な個体同士の繁殖が進められた場合、遺伝病が発現する懸念も考えられます。

もし人気犬種のブームが去っても(流行はいつか下火になるものです)、最後まで愛するペットを飼い続けてくださるようお願いします。

JKC1999.GIF

JKC2000.GIF

JKC2001.GIF

JKC2002.GIF

JKC2003.GIF

投稿者 Yuki : 09:04 PM | コメント (0)

August 28, 2004

Think Adoption First. (生体の購入の前にまず、譲り受けを考えましょう。)

米国で店舗を展開しているPETCO(ペトコ)社は、同社のPETCO基金、Petfinder.comと共同で、8月28-29日のNational Adoption Days(あえて訳せば、全国ペット譲渡の日)に合わせて、Think Adoption First (生体の購入の前にまず、譲り受けを考えましょう。)というプログラムを開始しました。

PETCO.com - Where the pets go online

これは全国のペット譲渡機関、迷子ペット保護グループや動物愛護団体と協力して、全米レベルで、ペットの譲渡を勧めます。
ペットの生体購入は、迷子やホームレスのペットの譲り受けがうまくいかなかったばあいにのみ検討するよう、来店客に勧めるというものです。


さらに店内には、Adoption Center(ペット譲渡センター)を設けて、店舗の近くにあるペット保護施設(シェルター)に自動で接続して、ペットを求める人の要望事項と迷子ペットのタイプとをマッチングできるようにするとのことです。

これらの店舗内Adoption Centerの設定に加えて、PETCO社とPETCO基金では、全米で展開している各店舗や地域で開催されるペット譲渡会を協賛するとともに、迷子ペットに恒久的なペットの飼育者をみつけるための、毎年、年間数億円の募金キャンペーンを実施しているとのことです。

==================== ■ペットポータル■コメント ====================

日本では、ペットを飼い始める際には、ペットを買いに行こうというのが常識のようになっています。
また、昔のスピッツからはじまって、シベリアンハスキー、ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、ダルメシアン、ミニチュアダックス、チワワなど、コミックやドラマ、TV CMに牽引されるように、特定の犬種ブームが起こっては消えてゆく・・・。ブームの後には、少し前に流行した犬種の捨て犬が増えるとのことです。
けれど、動物愛護の考えが日本よりも進んでいる欧米では、生体の販売をしていないペットショップが増えています。このPETCOでも、は虫類や小鳥、ハムスターなど小動物は販売していますが、犬猫は販売していません。
日本でも、ペットの入手方法を考え直す時期に来ているのではないでしょうか。

投稿者 Yuki : 10:34 PM | コメント (0)

July 05, 2004

ペットの不妊去勢手術はたくさんの命を救う

アニマルメディア社の小動物臨床家向け月刊誌 「INFOVETS」 の2004年6月号に興味深い記事が掲載されていました。

Dr. W. Marvin Mackie, DVMが執筆した「早期不妊手術 ペットの過剰繁殖と70%ルール」という記事です。

これは、■ペットポータル■: 臓器移植で狂犬病感染 米CDCが初確認でも紹介した70%ルールに関連します。

「ほとんどの伝染病の流行を防ぐには、感受性集団(感染する可能性のある集団)のうちの70%が予防接種を受ける必要がある」と19世紀にルイ・パスツール(Louis Pasteur)博士は予測しました。現在でも、この70%ルールの有効性を世界保健機関(WHO)や米国疾病対策センター(CDC)などの世界的な公衆衛生機関が認めています。
"■ペットポータル■: 臓器移植で狂犬病感染 米CDCが初確認より抜粋"

この70%ルールは、1200年代初頭の数学者 レオナルド・フィボナッチ氏(Leonard Fibonacci)が農業生産に関する公式として提唱されたそうです。

元の記事に戻りますと、野良犬・野良猫の発生は、「犬猫の過剰繁殖」という"伝染病"によるものであり、「ペットの不妊手術」はその伝染病を予防する"ワクチン接種"に当たるというものです。
実際に、米国内で1980年代後半に飼い犬の不妊手術普及率が67%に到達した直後から、(捨て犬となって捕獲された)犬の安楽死件数が著しく減少した、という動物管理機関の報告や、飼い猫についても、不妊手術普及率が85%に到達した時点で、安楽死件数が激減したとのことです。

愛するペットに「可哀想」という理由で、不妊去勢手術をせずに、結局、たくさんの子供が生まれて飼えないから捨ててしまう、という行為は、ペットを愛しているからといえるでしょうか。安楽死されてしまうことの方が本当の意味でもっと可哀想だと言えませんか? 最初の「可哀想」という考えが誤っているのではないでしょうか? 

この記事でも、「不妊手術はペットの健康および行動学的に有益であるばかりか、過剰繁殖と不本意な安楽死につながる、望まれない妊娠を防ぐワクチン接種と全く同じ行為である」ということを、飼い主の方が認識してもらうことが重要だとしています。

たとえば、Googleで、「去勢 助成 (自分の住んでいる都道府県や市町村名)」という検索語で検索してみてください。
「獣医師広報板」の地方自治体による動物愛護・保護活動リンク集もきっと役立つことでしょう。


都道府県により異なりますが、多くは4,000ー5,000円(10,000円が上限という地域もあります)の助成が得られることがお分かりになるでしょう。

社団法人 日本獣医師会小動物診療料金の実態調査結果では、去勢・不妊手術では、オス犬の平均料金が約15,000円、メス犬が約24,00円、オス猫が約11,000円、メス猫が約18,000円とのことですから、助成金と組み合わせれば、飼い主さんの負担も減ると存じます。

投稿者 Yuki : 11:39 PM | コメント (2)

June 24, 2004

環境省の「家庭動物の終生飼養推進事業」

環境省では、平成16年度の動物愛護管理推進費として総額7,332万円の予算を確保しました。
前年度よりも2,071万円(39.3%)の増となっており、これは今年度の新規事業として「家庭動物の終生飼養推進事業」(予算額:2,001万円)が認められたことを反映したものと考えられます。

「家庭動物の終生飼養推進事業」が目的としているところは、
(1)飼養放棄・遺棄・逸走防止対策事業
   家庭動物の種類、特性に応じた繁殖制限および個体識別(所有者明示)措置等の実施手法を調査検討し、一般飼養者向けの指針を作成する

(2)再飼養支援データベース・ネットワーク基盤整備事業
   インターネットおよび民間活力(動物愛護推進員や動物愛護団体等)を活用した広域的なデータベース・システム(統一的な規格)を作成し、再飼養などを効率的に推進する基盤の整備を図る

(3)引き取り動物の飼養保管技術適正化事業
   都道府県等によって引き取られた家庭動物が、その生理・習性等に応じて適切に取り扱われ、また、適切な方法で処分されるようにするための調査検討を行い、引取施設等における家庭動物の飼養保管技術マニュアルを作成する

というものです。この事業は平成16年度・17年度の2ヵ年をかけて行われます。

 興味のある方は、以下の資料をご覧下さい。
資料3 犬猫の引き取りや殺処分等

都市化や少子高齢化が進展する社会の中で、家庭動物の重要性が高まり、多種多様な動物が飼養されていますが、その一方で、都道府県等へ引き取りを求める飼い主等が依然として多く、家庭動物を野外に遺棄したりする人も後を絶たない状況にあります。
ここに示されている資料では、平成14年度の引取数は約47万頭で、返還されたり譲渡された犬猫もいますが97%は殺処分されています。

 誰もが最初から捨てる気で、飼育を始めるわけではないだろうと思います。飼うも捨てるも飼い主の勝手だと公言する人も残念ながらいます。しかし、その考えは間違っているとペットポータルでは考えます。
 そして、そのような考えの飼い主の方がおられる以上、飼い始めたら、終生飼い続けるよう、理由なく簡単に捨てたりできないよう、何らかのルール作りが必要であるという考え方を否定できないと思います。 皆さんはいかがお考えになりますか?

投稿者 Yuki : 01:59 AM | コメント (0)

June 21, 2004

「君がいてよかった」エッセイ大募集!

財団法人 日本動物愛護協会では、環境省の後援を受けて、標記のキャンペーンを実施しています。

essay.JPG
クリックすると拡大されます

■ポスター本文より■
犬はいつも、私たちの友達。犬との大切な思い出、犬のいる風景をエッセイにしてみませんか?
犬は主役としての登場でも、欠かせない脇役としての登場でもかまいません。愛犬との暮らしぶり、つらいときに慰めてくれたあの犬のこと、小さいころ一緒に暮らしていた犬、旅先で出会った犬・・・。
あなただけの犬のいた風景、思い出をお寄せください。 (原文ママ)

詳しくは財団法人 日本動物愛護協会の「Up-to-date Topics」から君がいてよかった のページに掲載されています。

審査委員長は、作家の椎名誠氏。最優秀賞1点(賞金10万円)、優秀賞3点(賞金5万円)、特別賞1点(賞金5万円)を選考し、表彰されます。
また、上位40作品(予定)を入賞作として動物愛護の普及啓発に活用すべく、一冊にまとめて出版されるそうです。

7月30日の締切を目指してトライしてみませんか?

投稿者 Yuki : 11:53 PM | コメント (0)

May 16, 2004

LOST & FOUND 運動

LOST&FOUND運動ってご存知ですか?

アメリカの青年 イアン・フィリップスは、迷子になったペットを探すポスターを世界中から集めて、それを「LOST」という一冊の本にしました。
心をこめてつくられたその素朴なポスター一枚一枚にイアン・フィリップスは「家族のパートナー」を失った悲しみ強い絆といった切ないドラマを見たのです。
この本を読む(見る)と、飼い主の喪失感に心を痛めるとともにどこかあたたかい気持ちにもなれることでしょう。そして、「LOST」が「FOUND」になるようみんながここから願うのではないでしょうか。
lost.jpg←写真が拡大されます←

Lost: Lost and Found Pet Posters from Around the World←Amazon Book Shopへ←

イアン・フィリップスは、こんなメッセージを伝えています。

「ポスターを一枚はがしたら、同じものを十枚コピーしてあちこちに貼っておきましょう」と。
ペットたちの救済のために、ささいなことでも実際にできることがきっとあるはず。
貼り紙をみて、いなくなったペットたちに思いを馳せるだけでもいい。
「LOST」、この本が、ひとつのムーブメントのきっかけをつくってくれました。
そう、あなたも、今日から、イアン・フィリップスになれるのです。
「LOST&FOUND」運動は、「LOST」の著者イアン・フィリップスのペットへの愛情をカタチにして、ささいなことから始めて広げて行く運動です。

■ペットポータル■は、SONY のSo-netが運営する「ペットへの愛情をカタチにする「LOST&FOUND」運動のオフィシャルショッピングサイト
」を通じて、LOST&FOUND運動を応援しています。

以下のリンクをクリックすると、ワンちゃんがPC画面で遊んでくれます。消したいときは、右クリックで、「表示しない」を選んでくださいね。
「LOST&FOUND」運動 宣言

投稿者 Yuki : 01:31 PM | コメント (0)

May 01, 2004

チップなら、迷子も登録も狂犬病予防接種率もうまく行く

タイトルに掲げた問題については、マイクロチップが一つの解決策になると、ペットポータルでは考えます。

チップを導入することにより、大きな利点がいくつもすぐに挙げられます。
まず第1に、ペットの迷子探しに役立ちます。

下の記事にある通り、海外では何と! 10年経って、見つかったネコちゃんの例だってあるんです。

「マイクロチップのおかげで10年後にネコ、戻る」
MSNBC - Chip helps cat return after 10 years

こちらは、2年後に見つかった事例です。
「ID(個体識別)チップが、2年間離れた犬と家族を結びつける」
channelcincinnati.com - News - ID Chip Reunites Dog With Family Two Years Later

このように、チップを入れていればこそ、遠く離れてしまった場合でも、何年も離れ離れになっても、個体を識別することができてめぐり合うことができるのです。

第2に、ペットの登録がスムースに行くと考えられます。
皆さんのワンちゃんはちゃんと登録されているでしょうか。
今、日本では飼われている犬の半分くらいしか登録されていないと試算されています。
ひょっとすると、飼い主さんの中には、犬は登録しなければならないということをご存知ない方もおられて、登録されていないのかもしれません。
昔は、毎年登録が義務づけられていましたが、今は一生に一回、登録すればOKです。
でも、半数しか登録されてないので、国では義務化も検討しているようです。

ペットの皮下に戸籍情報 無責任飼育、チップ義務化検討 - asahi.com : 社会
    ペットの皮下にマイクロチップを埋め込むことを法律で義務化
    する動きが強まっている。チップの情報と照合すれば飼い主
    が分かる仕組みで、いわばペットの「戸籍」。(原文引用)

この記事の見出しにもあるように、捨て犬・捨て猫の防止になるという効果も副次的な効用として挙げられます。 でも、その人の「捨てる」という行為自体に問題があるので、決定的な解決策になるかどうかは疑問な部分もあります。

第3には、国、都道府県あるいは市町村で狂犬病予防接種率を正確に把握できるようになります。
先程の登録の部分に関連しますが、約半分しか登録されていないと推計されるために、狂犬病予防接種率が計算では2倍ほども高くなっています。
しかし、チップによる登録が進み、各地で正確な数値が得られることで、危機意識も高まり、防疫体制も組めることにつながります。

ないことを願っていますが、万が一海外から狂犬病が入ってきたときの一般の反応(ペットを飼っている人も飼っていない人も)は、今回、鳥インフルエンザが入ってきたときのパニックとは比較にならないのではないでしょうか。
今回、風評により、全然、地理的に関係のない感染する可能性のない場所で、チャボや孔雀(くじゃく)や小鳥が捨てられてしまいました。
狂犬病予防法で感染対象動物に指定されているのはイヌ、ネコ、キツネ、アライグマ、スカンクです。それ以外にも多くの哺乳動物に感染します。

でも、専門家の話では、犬で狂犬病予防接種率が70~80%を維持できれば、人への被害や他の動物への感染を心配しなくともよいとされています。

正確な疫学調査ができるために、まずは飼い主さんが自ら進んで登録して下さることが必要なのです。

しかし、残念なことにチップを置いている動物病院は少なく、まだ制度として「チップで登録」ということにはなっていないのが現状です。

投稿者 Yuki : 02:33 AM | コメント (0)

February 21, 2004

学校での鳥インフルエンザの対応

山口県で発生した鳥インフルエンザは、終息宣言が出されましたが、新たに大分県で、ペットのチャボが7羽死んだという報告が出されました。テレビ、新聞などマスコミによる報道に、学校、保護者の方々の不安は、我々の想像を絶するものとお察しします。こういった状況の中、日本小動物獣医師会より提示された資料をもとに奈良県獣医師会の学校動物飼育委員会が作成したマニュアルが作成されました。 学校における今後の対応の一助となれば幸いです。

■奈良県獣医師会■鳥インフルエンザに対する獣医師会の対応について

大分県では、現場周辺の学校などで死亡した飼い鳥をウイルス調査前に処分している例もあるそうです。そのような行為は、鳥インフルエンザの感染拡大調査に支障を来たしてしまいます。

Yahoo!ニュース - 社会 - 共同通信

大分県の発生例では、速やかに防疫作業が完了したため、半径30キロ以内を対象にしている鶏や鶏卵の移動制限について、制限区域を早期に5キロにまで縮小する方向で検討を始められています。

Yahoo!ニュース - 社会 - 共同通信

いたずらに恐れる必要は決してありません。
家庭の室内で飼われている愛玩鳥は、野鳥と接触することがない限り、安全だと思います。

佐賀県で烏骨鶏8羽が捨てられた、という事件があり、佐賀県中部家畜保健衛生所がうち4羽について調べたが、鳥インフルエンザの疑いはないとのことです。

Yahoo!ニュース - 社会 - 共同通信

風評に惑わされないで、ペットの鳥を守ってあげてください。

投稿者 Yuki : 02:59 AM | コメント (0)

January 17, 2004

ペットを子供に買い与える前に

ウサギをペットとして、子供に買い与える前に、ご両親は2回、考えて欲しい、と専門家が注意している(※)。

英国スコットランド動物愛護協会( http://www.scottishspca.org/ )では、捨てられるペットの数が増加していることを明らかにしました。
職員によれば、子供たちの多くは、動物の世話にすぐに飽きてしまいますが、捨てられたペットは野生では生きていくことはできません。
福祉センターの玄関口に捨てられているウサギの数が増えているとのことです。

bunny.jpg

※:英国でイースター(復活祭)は、伝統的に親がウサギを買い与えます

「不幸な存在」

スコットランド動物愛護協会(SSPCA)のスポークスマン Mairi Ball氏は、子供にペットのウサギを買い与える前に2回考えて欲しい、と訴えています。
「子供は、いともたやすく、いとも早く動物に飽きてしまいます。」
「その後、このかわいそうな動物にどのようなことが起こるかというと、たいてい庭の奥にあるウサギ小屋に閉じ込められたままで、ときどきフードを与えられるという、真に不幸な存在になってしまいます。」
「ウサギは、どんなに苦しくても、鳴いたり音を立てることができず、沈黙の犠牲者として知られています。」

Balernoにあるロジアン動物福祉センターのKenny Sharp氏は、野生に捨てられたウサギは生きることができないので、ご両親は購入する前に、新しくペットを飼う責任について真剣に考えてほしいと強く要請しています。

「ウサギは、ワラがたくさんつまった暖かい小屋になれているので、野生では簡単に肺炎にかかり、寒さで死ぬか、野生のウサギから病気をうつされてしまいます。」

原文はこちら↓
BBC NEWS | Scotland | Parents warned over pet rabbits

上記はBBCのニュースですが、英国スコットランド動物愛護協会( http://www.scottishspca.org/ )のウェブサイトでは、クリスマスの前後に捨て犬や捨て猫が増え、その世話や新しい飼い主探しに苦慮されていると記載されています。

日本でも同様だと思います。お子さんにいくらせがまれても、せめてその日は考える日にしませんか。
子供が「毎日散歩すると約束して買ったのに、1週間しかもたなかった」という話はよく聞きます。その結果、運動不足になった犬がよく吠えて、近所迷惑だといわれたり、ストレスから皮膚病になったという犬もいます。
どうかお父さん、お母さん、動物をお子さんに買い与える前に、ぜひ熟考してください。

投稿者 Yuki : 04:37 PM | コメント (2)

January 12, 2004

捨て犬・猫に新しい家族を 福岡に"出会いカフェ"

NPO(民間非営利団体)「福岡どうぶつ会議所」が昨年12月下旬に「NPOカフェde[i](であい)」を開店されているそうです。

事務局員が常駐してあっせん相談に応じるほか、希望するペットの条件を伝えておき、待機登録することもできるとのことです。

Yahoo!ニュース - 社会 - 共同通信

これは福岡での活動ですが、世の中が少しずつ動いている気がします。

NPO福岡どうぶつ会議所のウェブサイト http://www.animal-fukuoka.org/ のトップページには、犬のイラストとともに、「僕はまだ人間を信じています」とのコメントがあります。 こちらのサイトもぜひご訪問下さい。

投稿者 Yuki : 07:21 PM | コメント (0)