September 29, 2009

「犬と猫と人間と」10月10日から公開

年間35万頭処分されるペット達の現実、日本に暮らす犬猫と人間の現在を描く『犬と猫と人間と』 -movieニュース:CINRA.NET

ペット産業の隆盛にともなって、日本ではペットを飼う人が年々増えてきている。しかしその陰で、システム的に殺処分されていく犬猫も数を増し、その数は年間で35万3,098頭(2006年度)、1日あたり967頭にも上る。飯田監督のカメラは、行政施設の犬猫処分の現状など、目をそらしたくなるようなペット大国・日本の姿を浮き彫りにしてゆく。

その一方で動物を必死に救おうとする人々も作品内に登場する。人間の都合で猫たちの生殖能力を奪うことにジレンマを覚えながらも、野良猫の避妊去勢手術を続ける獣医たち。多摩川沿いの野良猫たちを長年写真に収め、世話を続ける夫婦。自分のお年玉をつぎ込み、捨てられた子犬を世話する小学生たちなど、年代や職業は違えども、動物を愛する人々がそこに存在する。

現状を憂えた1人の女性と、ドキュメンタリー映画監督の出会いが、この映画を生んだのだそうです。

確実に何か、動物とのつきあい方が変化していることをペットポータルは感じます。

投稿者 Yuki : 08:09 PM | コメント (0)

September 26, 2009

第11回日本臨床獣医学フォーラムが開催中です。

今日、明日と赤坂のホテルニューオータニで第11回日本臨床獣医学フォーラム年次大会2009が開催されています。

JBVP - 日本臨床獣医学フォーラム

無料で参加できる市民参加プログラムもたくさんあります。

JBVP - 日本臨床獣医学フォーラム 市民参加プログラム

投稿者 Yuki : 09:43 AM | コメント (0)

September 24, 2009

ペットに迷子札を。

熊本市ではペットに迷子札をつけることで、犬の殺処分が1999年の750頭から2008年の77頭の、約10分の1に減ったそうです。
ペットの個体識別では、マイクロチップがよく知られています。
でも、すべての動物病院でマイクロチップインジェクターを準備しているわけではなく、より手軽に家庭で行えるなら、それに越したことはないですね。

市動物愛護センターによると、殺処分ゼロを目指してセンターや市獣医師会、ペット業者などが02年に市動物愛護推進協議会を作った。センターに保護される犬は毎年500頭に上るが、協議会は迷子も多いと見て写真付きの張り紙を公共施設に掲示し、市のホームページでも飼い主へ引き取りを呼びかた。

 08年は、保護した470頭の半数近くが飼い主に戻った。200頭が新しい飼い主に引き取られ、殺処分は77頭にとどまった。99年の750頭に比べ10分の1に減り、市の取り組みは全国に知られるようになった。

 猫も、自治会を巻き込んで避妊手術を進めたり、手がかかる乳児期の野良猫をボランティアが育てて新たな飼い主を探す努力を続け、殺処分はほぼゼロとなっている。

野良犬・野良猫:殺処分ゼロへ、ペットに「迷子札」を 熊本市が呼びかけ /熊本 - 毎日jp(毎日新聞)

■ペットポータル■: ペットへのマイクロチップ埋め込みを動画で見ましょう。
■ペットポータル■: ほっとリポート “アブナイ”ペットにICチップ


投稿者 Yuki : 02:42 PM | コメント (0)

September 08, 2009

9月8日現在、あと7名、申し込めます。

8月14日のエントリー■ペットポータル■: 【地域限定】奈良県:傷病野生鳥獣保護しようボランティア養成講座で、紹介した「奈良県 傷病野生鳥獣保護しようボランティア養成講座」ですが、本日現在で、申込者は23名になりました。

定員30名ですので、あと7名、申込みができます。

来る9月13日(日曜日)
うだアニマルパークにて「傷病野生鳥獣保護しようボランティア養成講座」
が奈良県とNPO法人野鳥の病院主催 奈良県獣医師会後援で開催されます。

野鳥の強制給餌法をマスターしたいと考えておられる先生方、看護士さんや勤務医の先生、一般の方々、ぜひ参加をご検討ください。

申し込み:奈良県農林部森林整備課 鳥獣保護係まで電話でお申し込みください。
TEL:0742-27-7480

■ペットポータル■: 【地域限定】奈良県:傷病野生鳥獣保護しようボランティア養成講座


投稿者 Yuki : 09:28 PM | コメント (0)