April 28, 2009

豚インフルエンザと呼ぶ言い方は不適当ですよね。

ペットポータルがオンラインで有料購読している雑誌に、Animal Pharm News - Homeという世界の動物の健康に関する情報や動物用医薬品企業の動向を提供しているものがあります。

そこからの引用ですが、国際獣疫局(OIE: Office International des Epizooties)によれば、今回の豚インフルエンザが豚肉から人に感染したという証拠(エビデンス)は全くないとのことです。

また、豚インフルエンザといいながら、豚から分離されてもいません。

それゆえ、この疾病を豚インフルエンザと名づけることに正当性はありません。過去に、動物起源の人のインフルエンザの流行があり、それは地理的な発生地に応じて名づけてこられました。例えば、スペイン風邪や香港型インフルエンザなどです。そのため、今回も、「北米インフルエンザ」と呼ぶ方が(過去にならって)論理的でしょう。(訳:ペットポータル)

Animal Pharm News - There is no evidence that swine flu is transmitted by food - OIE

昨日付の日経新聞では、

「スペイン風邪も、実は、流行の発端は米国だったと今では考えられている。米軍の進軍とともに欧州に運ばれ、世界へ広がった。なぜスペイン風邪の名がついたのか。主要国は自国の弱みを知られまいと病の情報を伏せた。中立国だったスペインでは大流行が比較的自由に報道されたため、思わぬ汚名を着せられたのだという。」(出典:日本経済新聞 4月27日 春秋)

とあります。

今回は、豚に汚名が着せられてしまいました。

SARSのときも、発表が遅れて被害が広がりました。
今回も、メキシコからの情報公開は遅れたように個人的には思います。

以下は今回のH1N1インフルエンザの感染者(疑いを含む)を示した地図です。


View H1N1 Swine Flu in a larger map

ここで重要なことは、このような世界的な危険に対しては、徹底的に国境を越えて情報を共有することです。

どこから起こってもおかしくない、新型インフルエンザの脅威に対して、一国の担当官の判断が被害を大きくするということはあってはいけないと思います。

豚インフルエンザという呼び方も、改めて、北米インフルエンザと呼びましょう。

WHOが警戒フェーズを「3」から「4」に引き上げたのを受けて、「新型インフルエンザ」と呼称が変わりました。この発生が落ち着いたときに、「新型」からまた別の名前に呼称が変わるのでしょうね。(4月28日)

■ペットポータル■: 豚から来ましたか!? インフルエンザ

投稿者 Yuki : 02:12 AM | コメント (2)

April 26, 2009

豚から来ましたか!? インフルエンザ

豚インフルエンザから、人ー人感染が来るとは思いませんでした。
そして、アジアから発生するという予測も覆されて、メキシコで発生があるとは驚きでした。
ウイルスの型もH5N1ではなく、H1N1であり、予想外のことが生じています。

新型インフルエンザの対策としては、渡り鳥が運んでくる鳥インフルエンザの変異を防ぐ対策が中心に行われてきましたが、もう人人感染があるということは、動物の接触は必須ではなくなるので、短期的には政策の転換が必要かもしれません。

WHOは警報フェーズを3から4に上げることに決めました(4月28日)
6月11日には、とうとうフェーズ6に上げられました(追記)。

但し、米国でも感染者があるものの死亡例はありません。
ないため、WHOも警戒レベルをあげるには至っていません。

WHO警報フェーズ表
0511phase.gif
世界保健機関(WHO)による現在のパンデミックインフルエンザ警報フェーズ

個人的な予測ですが、メキシコは国を挙げて封じ込めに成功し、それ以上、感染は広がらないと思います。

豚インフルエンザ感染が確認された国と人数(4月27日現在)





メキシコ米国カナダ スペイン
1,614人(疑い含む)20人6人 1人
死亡103人0人0人 0人

すみません。全然封じ込められてなかったです。(4月27日 訂正)

ただ、日本では今後、高温多湿な気候となり、ウイルスの増殖には適さないため、安心して良いと思います。
豚インフルエンザだからといって、豚肉は関係ありません。
そんなことで、豚肉を敬遠する必要は全然ないです。豚肉になった豚が可哀相です。

まさか「豚インフルエンザ」とは、想定外の感染拡大 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

でも、注意すべきは、今年の冬です。
あるいは、これから冬を迎える南米やオーストラリアで、今回の感染が広がる可能性があるのか、注視しておく必要があると思います。

投稿者 Yuki : 03:00 PM | コメント (50)

April 13, 2009

アニコムマスコミ懇談会に招待されて

4月9日(木)13:30から、ANAインターコンチネンタルホテル東京で開催された、ペット保険最大手のアニコム ホールディングス株式会社主催の「マスコミ懇談会」に招待され、参加してきました。

「数字で見る日本のペット事情 ~ペット家族化時代の獣医療とペット保険~」と題して、以下のお三方による講演が行われました。

・数字で見るペット保険と展望 ~人の健保システム再生の可能性~
 アニコム ホールディングス株式会社 小森伸昭 氏
・進むペットの家族化と課題 ~獣医療現場の対応として~
 みずほ台動物病院琉球動物医療センター 兼島孝 先生
・数字から見える日本のペット市場
 アニコム パフェ株式会社 島村麻子 先生

日本で51万件のペット保険加入があり、アニコム損保は、その63.8%を占めるんですねぇ(発表は、富士経済データから引用)。
それで、現状の加入件数は、日本の犬猫飼育頭数の1.5%とまだまだ低いことから、これが英国並みの15%になって欲しいというのが、小森社長の弁でした。

但し、アメリカでは加入件数が3%ということですから、まずアメリカ並みにまでなれるかどうかが大きな壁かな、と個人的には感じました。

2009040915240000.JPG

また、「ペット保険にできる3つのこと」として、
① ペットの病気の早期治療・早期発見
② 獣医療の発展
③ ペットショップでのトラブル軽減
が挙げられていました。

一つ目のペット保険に加入することによって、経済面での制約を緩和して、来院時期の早期化が図られ、早期発見・早期治療につながるというロジック、これは確かにあると思います。

二つ目も、動物病院に来院が増えて、また、より高額な高度医療にも飼主も獣医師も挑戦できる場が増えることで、兼島先生の仰るように、獣医師が要望に応えるために研鑽され、獣医業界の底上げにつながるということでしたら、当てはまるように思います。
ただ、獣医療の発展は、獣医学・医学・薬学・工学などの科学の発展や、獣医師の探求心、動物を病気から救いたいという情熱などから得られるものだと考えますので、ペット保険があるから獣医療が発展するという論理には異論があるような気がします。

三つ目は「ペット保険に加入することで、(購入後すぐに)病気になったとしてもペットショップにクレームをつけず、動物病院に行きやすくなり、治療を体験する・・・」という説明でした。
これについても、個人的には違和感が残ります。皆さんはどうでしょうか?

ただ、二人に一人の契約者が、保健を年1回以上利用し、延べ150万回以上の給付実績があるとのこと。 これで救われた命も多いと思います。

また、事後請求型ではなく、動物病院での窓口精算を可能にしたシステムを導入したことも、大きなメリットだと思います。全額を一旦払わなきゃいけない、ということでは、経済的な負担を軽減して病院に行きやすくなるということにはなりませんもんね。

マスコミの方からも活発な質問が出され、熱心に聴講されておられました。

投稿者 Yuki : 04:24 AM | コメント (73)

April 05, 2009

不況下でのペットの賢いフィラリア予防法

今年もフィラリア予防やノミダニ駆除の季節がやって来ます。

「100年に1度」という表現が適当かどうかはともかく、不景気は、私たちの生活に確実に影響しています。私自身も、大きな消費は控えたり、日々の生活においても出費を抑えようと考えています。

その中で、頭の痛いのが、愛犬の薬代ではないでしょうか。
フィラリア予防とノミ・ダニ駆除・・・
ちゃんと予防してあげたいし、財布は痛いし、健康でいて欲しいし。
それで、いろいろと考えてみました。

1. フィラリア予防薬の値段にこだわる

数年前から、フィラリア予防薬もジェネリックが日本でも販売されるようになりました。

成分も効能効果も、農林水産省から承認されていますし、日本の製薬企業が製造販売の許可を持って(今は輸入販売も製造販売の一種として扱います)、製造物責任も負ってくれるので安心して使えます。

      ■フィラリア予防薬のジェネリック(フィラリアの寄生予防と回虫・鈎虫の駆除)

☆オリジナルの動物用医薬品☆

  • カルドメックチュアブルP(主成分:イベルメクチン、ピランテルパモ酸塩)(製造販売元:メリアル・ジャパン株式会社)

  • 日本で、フィラリア予防を一般的にした立役者です。ブランドとして、確固たる地位を持っています。
    ジェネリックとの競合で、価格も一部こなれてきたのではないでしょうか。

    2. フィラリア予防とノミ・ダニ駆除を一緒にできる薬を使う

    今までは、フィラリア予防薬と、ノミダニ駆除薬を別々に処方してもらうのが普通でした。
    でも、両方が同時にできれば、その分、お得です。

    ☆★☆ ペットポータルでは、個人輸入の動物用医薬品はお勧めしません。
    海外で販売されている商品は、日本で承認されていない未承認の商品です。
    本当に、その成分が規定通り、入っているかどうか、誰が保証してくれるのでしょうか?
    薬の中身のチェックは、専門の施設でなければ検査できません。
    メラミン入りのペットフードの例を出すまでもなく、関係のない成分、毒性のある成分が入っていた場合、自分の大切なペットに害があってからでは、手遅れです。
    人でも、バイアグラなどを個人輸入して、有効成分すら入っていなかったり、不純物が混入して重大な副作用や事故が起こっていますが、本当に、それは自己責任なのです。

    ネットで動物用医薬品を買うことも、個人的にはお勧めきません。
    販売されているのは、動物用医薬品の販売許可を持った業者さんでしょうし(獣医師は、薬剤を販売することはできません。薬事法で禁止されています。病院での処方と、ネットでの販売は全然異なります)、農林水産省が承認した正規の製品を販売しているのでしょうが、結局、何か副作用があった場合は、これも飼い主さん自身の自己責任です。ペットポータルでは、そういう買う側の自己責任に頼って「医薬品」という命にも関わる製品を販売するという方針に賛同できないためです。
    やはり、実際に自分が通える範囲内の距離の動物病院で、できれば、かかりつけの病院で、処方してもらうのが一番だと思います。★☆★

    投稿者 Yuki : 01:37 PM | コメント (2)