June 12, 2006

アトピー:1歳までにネコやウサギ室内飼いでリスク増!?

どうなんでしょうか? この記事だけでは、この調査結果が「分かった」とする結果を導き出してよいものか、小職には分かりません。

アトピー:1歳までにネコやウサギ室内飼いでリスク増!? 犬は大丈夫 医療:MSN毎日インタラクティブ

1歳になるまでにネコやウサギを飼っていた家庭の子どもは、アトピー性皮膚炎になるリスクの高いことが、国立成育医療センター研究所(東京都世田谷区)の調査で分かった。イヌではリスクは高くならず、同研究所の松本健治・アレルギー研究室長は「アレルギー性疾患の発症を促すのは、ペットの抜け毛で増殖するダニだけではなく、ペットの種類に関係する別の原因がありそうだ」と説明している。1歳になるまでに家庭で、イヌを飼った子どもは585人、ネコは352人、ウサギやハムスターなどのげっ歯類は132人。 これらの子どものアトピー性皮膚炎発症率は15・3%、ぜんそくは16・7%で、飼育歴のない子どものそれぞれの発症率12・8%、13・9%と比べると、やや高かった。さらに、家族のアレルギーの有無などを考慮し、ペット飼育歴のない場合と、ペットの種類別の発症リスクを比べた。

アンケートの回答を得た母数は9,974人と十分そうな感じですが、さらに詳しく読むと「ウサギやハムスターなどのげっ歯類は132人」とのことで、途端にサンプル数が母数の1.3%にまで低下します。そこからアトピー性皮膚炎やぜんそくになったお子さんを仮に足しても、約40人にまでサンプル数は減少し、他と比較して、疫学的に判断するには不十分な数だといわざるを得ないのではないでしょうか。

もちろん、ペットの毛やノミダニの死骸などが原因になり得ることは理解できますが、犬や外猫では大丈夫で、内猫やげっ歯類では確率が高まるということは、家の換気の問題(内猫が外に出ないように閉め切っている)がある場合は、ハウスダストが悪さをしている可能性も否定できません。
また、アンケートだけでなく、個別にアトピーやぜんそくのもととなるアレルゲンの特定までされてあれば説得力が増したと思いますが、アレルゲン検査の有無までは言及されていませんでした。

他の意見も参考にするため、以下の記事もご覧になって下さい。

関連記事:
アトピーのウソ?ホント?vol.7 アトピーでもペットは飼えるの? - [アトピー]All About
「ペットがアトピーを防ぐ?」---米国調査 2002年 8月29日

投稿者 Yuki : 01:47 AM | コメント (2)

June 11, 2006

豚肉から基準値超える薬品検出/秋田市保健所が回収命令

秋田のニュース - さきがけonTheWeb

秋田市保健所は10日、県食肉流通公社が販売した豚肉から基準値を超える動物用医薬品が検出されたとして、食品衛生法に基づき回収命令を出した。同公社は9日から自主回収を始めている。微量のため人体への影響はないという。

 豚肉は湯沢市の生産者が出荷した20頭(約1500キロ)分。2日に同保健所が検査したところ、0・21ppmのスルファメトキサゾール(基準値0・02ppm)が検出された。県家畜保健衛生所の調査によると、この生産者は豚舎内で肺炎防止のために餌とともに医薬品を与えていたが、自動給餌ラインの切り替えを誤り、出荷直前の豚にも与えられたという。(さきがけonTheWeb

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - 動物用医薬品検出:豚肉に基準10倍の薬 秋田の食肉会社が販売-回収命令 /秋田
Yahoo!ニュースによれば、「本来は投与しない出荷1週間前の豚に生産者が医薬品を投与したことが原因」とのことです。

動物用医薬品は、動物に投与された後、体内に吸収され、体内の各部に分布し、肝臓や体内の各部にある酵素などで分解・代謝されて、糞中や尿中に排泄されます。
ある時点では体内において薬物の有効濃度に達することで、投与目的である薬効を発揮しますが、その役目を終えた後は、体内から除去されなければなりません。

通常は、動物用医薬品として農林水産省から製造販売承認を受ける際に、獣医師または使用者が守るべき休薬期間(使用禁止期間)が定められており、それを守れば、今回のように食肉となった場合に薬物残留として検出されることはありませんし、人体にも影響はありません。

投稿者 Yuki : 03:45 PM

June 08, 2006

カルドメックチュアブルP34(製造番号RBD2480)自主回収のお知らせ

フィラリア予防薬のカルドメックチュアブルP34(製造番号RBD2480)がメーカーの自主回収の対象になっています。

動物用医薬品等の自主回収情報

カルドメックチュアブルP34(製造番号RBD2480)自主回収のお知らせ

                                         平成 18年6月5日
カルドメックチュアブルP34(製造番号RBD2480)自主回収のお知らせ

製造番号 RBD2480のカルドメックチュアブル P34の1個にリング状の金属様の異物が発見されましたので、製造番号 RBD2480のカルドメックチュアブル P34を自主的に回収させていただいております。
この異物は機械(包装工程)の部品の一部であり、他に同様の異物が混入する可能性は極めて低いことを確認しています。また、他に同様の異物が発見された報告はございません。今回の異物で人および動物に危険を及ぼしたという報告はございません。
お手持ちのカルドメックチュアブル P34に製造番号 RBD2480の製品がございましたら、お手数ですが、処方をいただいた動物病院様にご相談の上、交換していただきます様お願いいたします。

<専用お問い合わせ先>
メリアル・ジャパン(株)(フリーダイアル0120-52-8180)(平日、土曜・日曜、祝祭日とも9:00-12:00、13:00-17:00)までご連絡をください。
皆様方に大変ご迷惑おかけ致しますことを心よりお詫び申し上げます。

                                     メリアル・ジャパン株式会社

カルドメックチュアブルP34(製造番号RBD2480)自主回収のお知らせ

但し、今回の金属様の異物混入が、同ロットでも数多くの製品に及ぶ事故とは考えがたく、メーカーの高いコンプライアンス(法令遵守)の姿勢として好意的に捉えても良いのでは、とペットポータルでは考えます。

該当ロットではない製品をお持ちで、もし心配な飼い主さんは、ワンちゃんに投与する前に、チュアブルを手や指ででぎゅっとつまんでつぶしてみて、何もないことを確認してから投与したらより安心できるのではと思います。

ちょっとつぶしてあげた方が、体内でのチュアブルの消化も良いと思います(もちろん、つぶさず、そのまま与えても犬糸状虫の寄生予防や消化管内寄生虫の駆除になんら問題はありません)。

投稿者 Yuki : 01:32 AM | コメント (0)