May 29, 2004

高病原性鳥インフルエンザ診断基準案を厚労省が発表

共同通信社によれば、厚生労働省などがつくる研究班で、が感染した場合の診断基準案や治療予防マニュアル案を策定したと発表したそうです。

 同省などの研究班は、香港、タイなどの患者についての文献分析と
ベトナムでの現地調査に基づき診断基準案を策定。鳥インフルエンザ
ウイルスが検出された国や地域で鳥と接触した後、7日以内に症状が
でた患者で(1)発熱とともに、のどの痛み、せき、肺炎がある(2)イン
フルエンザの迅速診断で陽性を疑い例とすることとした。
ウイルスの遺伝子を検出する検査などで確定診断する。
患者の治療や、医療関係者の予防用に抗インフルエンザウイルス薬
を投与することを提案している。医療関係者にはワクチン接種も求めた。
監視体制では、同一地域で2羽以上のカラスが死んでいた場合は報告
するなどとしている。 (共同通信社 5月28日)

診断のポイントは、3つ。
 鳥との接触後、7日以内に症状が発現。 
 症状は発熱・のどの痛み・咳。
 迅速診断キットで陽性。

最近はめっきり、マスメディアで取り上げられることが減りましたが、今年末の冬に黄病原性鳥インフルエンザが再上陸する危険性に対して、政府では対応策が検討されています。

残されている重要なことは、リスクコミュニケーションだと思います。

いろいろな複合要因もありましたが、いたずらにパニックを起こしてしまった経験を次回はプラスに活かす必要を、私たち消費者側も意識しなければならないと思います。

投稿者 Yuki : 12:01 AM | コメント (0)

May 22, 2004

HDU計算ファイル(案)

HDUの計算式を埋め込んだファイルを作成してみました。
但し、マイクロソフト社のエクセルファイルをhtmlファイル形式に保存したものですので、エクセルがインストールされていないPCでは使えないかもしれません(ご確認下さり、ご連絡をいただければ幸いです)。

入力いただくのは、最高気温と最低気温のセルのみです。
他のセルに入っている式をもし消したり、変更してしまった場合には、再度ダウンロードして下さい。
hdu.html
累積HDUが130を超えると、H列「判定」に「フィラリア感染可能期間です。」と表示されます。

1日の最高気温と最低気温は、気象庁の電子閲覧室からデータを入手します。
検索内容選択から、「地域」「地点」を選びます。「データ」は「1ヶ月の毎日の値」を選択して下さい。
「年」は今年のデータであれば「2004」を、「月」は感染開始可能時期を調べたい場合は「3月」くらいを選択すると良いと思います(3月でも暖かい日があるためです。)
「検索」ボタンを押すと、新しいウインドウが開いて、気圧、気温や湿度などが一覧となった表が表示されます。

なお、元のエクセルファイルもアップロードしておりますので、もっと詳しい方は自分なりにカスタマイズしてみて下さい。

※気象庁の任意の地点の気温データを取り込むようなプログラムが組めたらと思うのですが、小職にはそのような能力がありません。マクロを含んだファイルは、ウイルスと区別がつかず配布できないと思います。何か良いアイデアはないでしょうか。

hdu.xls  (Windowsの方は右クリックで、「対象をファイルを保存」を選択して下さい。)

投稿者 Yuki : 07:07 PM | コメント (0)

May 19, 2004

MovableType3.0がリリース

ペットポータルMTでも利用させていただいているMovable TypeのVersion 3.0が5月19日にリリースされました。

Japan.internet.com Webテクノロジー - シックス・アパート、Movable Type 3.0 の日本語版を19日よりリリース

まず開発者向けのバージョン「Movable Type 3.0 Developer Edition 日本語版」のベータ版を5月19日にリリースし、追って個人向けの無償版と商用版をリリースするとのことで、「ベータ版で作成したブログは公開しないで欲しい」とのことです。

個人向けの無償版では、利用できるユーザー(ブログ の投稿者)は1人で、3つまで ブログを持つことができる、とのことですが、これまでから比較するとかなり制限が生じたことになり、欧米での個人ユーザーからもかなりの苦情や意見が出ている模様です。

Trott夫妻によってつくられたMovable Typeによって、数多くの人が恩恵を受けて、ブログが作られてきました。
夫妻の会社Six Apart は、このMovable Typeと Blog サービス「TypePad」を提供する Blog のリーディングカンパニーで、日本国内の Blog サービス「ココログ」や「ブログ人」も、TypePad のライセンスを受けているとのことです。

今回の展開が、Movable Type利用者にとって吉となるのかどうか、また現在のBlogブームへどのような影響があるのか、注視したいと思います。

投稿者 Yuki : 11:34 PM | コメント (0)

May 18, 2004

HDUの計算式

フィラリア症の予防期間の考え方の一つとしてHDUがあることはこれまでもご説明してまいりました。
HDUは、Heartworm Development Hear Unitの略で、蚊の体内でフィラリアの子虫(ミクロフィラリアと呼びます)が感染幼虫に成長するための温度の累積値のことを指します。

ご参考までに、星ヶ丘動物病院様の星ヶ丘動物病院 犬フィラリア症(糸状虫症)についてや、渡辺動物病院様の渡辺動物病院「常識のうそ:フィラリア予防薬の勘違い」では、詳しい説明が掲載されております。

各地域のHDUを計算するには、その地域の1日の最高気温と最低気温が分かれば計算できます。

これまで、各都道府県の県庁所在地のHDUを紹介してきました(■ペットポータル■HDUによるフィラリア症の感染予測 )が、今回は、皆様のお住まいの地域での計算する方法をお伝えいたします。

まず、1日の最高気温と最低気温ですが、気象庁の電子閲覧室から調べることができます。

検索内容選択から、「地域」「地点」を選びます。「データ」は「1ヶ月の毎日の値」を選択して下さい。
「年」は今年のデータであれば「2004」を、「月」は感染開始可能時期を調べたい場合は「3月」くらいを選択すると良いと思います(3月でも暖かい日があるためです。)
「検索」ボタンを押すと、新しいウインドウが開いて、気圧、気温や湿度などが一覧となった表が表示されます。

1日HDUは、その日(今日ならば5月18日)の(最高気温-最低気温)÷2-14で計算されます。
もし計算結果が負の数(マイナス)になったら、その日の1日HDUは0(ゼロ)とします。
それを毎日、毎日計算して合計していき(その累積値をHDUと呼びます)、130以上になれば、その日が蚊の体内でフィラリアの感染幼虫が成長した日(つまり、フィラリア感染開始可能日)と判定します。

もしPCで表計算ソフト(エクセルなど)が使えれば、ご自身で表を作ることも可能です。
1日HDUの計算に、ここではIF関数を使っていますが、目で見て、負の数であれば0、正の数であればそのままその値を使用して、全部合計していきます。

hdu.GIF ←クリックすると拡大されます。

 「感染開始可能日」もIF関数で算出できます。 =IF(左のセル>130,"感染開始可能日","")

※ただし、HDUは、あくまでフィラリアの感染期間を知るためのひとつの考え方です。フィラリア感染期間と、その予防期間を限定するものではありません。
お住まいの地域でのフィラリア予防薬の投薬期間と回数については、かかりつけの動物病院にご相談くださいますようお願いします。

追伸:飼い主さんや獣医師さんからのご要望があり、マイクロソフト社のエクセルを利用したHDU計算ファイルを作成しました。■ペットポータル■: HDU計算ファイル(案)をご参照下さい。

投稿者 Yuki : 12:40 AM | コメント (0)

May 17, 2004

狂犬病防止で検疫強化へ 農水省が検討会

共同通信によれば、5月14日に農水省で有識者による検討会が開かれ、輸入検疫制度の強化について協議されたとのことです。 ワクチンの接種時期や個体の識別方法を見直し、年内に狂犬病予防法の省令改正を目指すとのことです。

 狂犬病ワクチンは生後3カ月以上の犬に効果があるとされるが、
近年のペットブームで生後間もない犬の輸入が急増。
またウイルスの潜伏期間が国際基準で180日とされているのに、
現行制度では、輸入後30日の留め置き期間を経過すれば輸入
を認めている。    (共同通信社 5月17日)

 検討会では、ワクチンの種類や接種時期、回数のほか、輸入犬の血液検査の必要性なども協議されるとのことです。また、輸出国からの証明書に不備があるケースも目立つため、マイクロチップを使った個体識別方法なども検討するとのことです。

■ペットポータル■: チップなら、迷子も登録も狂犬病予防接種率もうまく行くでも申し上げたように、マイクロチップによる個体識別が普及すれば、国内での狂犬病予防接種率の正確な把握も可能になります。
ぜひ早急に前進するよう、今後ともWatchしていきましょう。


投稿者 Yuki : 01:01 AM | コメント (0)

May 16, 2004

LOST & FOUND 運動

LOST&FOUND運動ってご存知ですか?

アメリカの青年 イアン・フィリップスは、迷子になったペットを探すポスターを世界中から集めて、それを「LOST」という一冊の本にしました。
心をこめてつくられたその素朴なポスター一枚一枚にイアン・フィリップスは「家族のパートナー」を失った悲しみ強い絆といった切ないドラマを見たのです。
この本を読む(見る)と、飼い主の喪失感に心を痛めるとともにどこかあたたかい気持ちにもなれることでしょう。そして、「LOST」が「FOUND」になるようみんながここから願うのではないでしょうか。
lost.jpg←写真が拡大されます←

Lost: Lost and Found Pet Posters from Around the World←Amazon Book Shopへ←

イアン・フィリップスは、こんなメッセージを伝えています。

「ポスターを一枚はがしたら、同じものを十枚コピーしてあちこちに貼っておきましょう」と。
ペットたちの救済のために、ささいなことでも実際にできることがきっとあるはず。
貼り紙をみて、いなくなったペットたちに思いを馳せるだけでもいい。
「LOST」、この本が、ひとつのムーブメントのきっかけをつくってくれました。
そう、あなたも、今日から、イアン・フィリップスになれるのです。
「LOST&FOUND」運動は、「LOST」の著者イアン・フィリップスのペットへの愛情をカタチにして、ささいなことから始めて広げて行く運動です。

■ペットポータル■は、SONY のSo-netが運営する「ペットへの愛情をカタチにする「LOST&FOUND」運動のオフィシャルショッピングサイト
」を通じて、LOST&FOUND運動を応援しています。

以下のリンクをクリックすると、ワンちゃんがPC画面で遊んでくれます。消したいときは、右クリックで、「表示しない」を選んでくださいね。
「LOST&FOUND」運動 宣言

投稿者 Yuki : 01:31 PM | コメント (0)

May 15, 2004

学校飼育動物のための署名活動にご協力お願いします(2)

5月9日にご紹介した「学校動物も獣医さんによるサポートを受けられるように頼もう!」の署名活動について、追加の情報を(社)日本獣医師会「学校飼育動物委員会」副委員長の中川美穂子先生からいただきました。

==========(引用ここから)==========
この方は、たなかひでこさんという目黒区のお母さんですが、飼育委員を
していたご自分のお子さんの難儀を見て、校長先生にお願いして地元の
獣医師の助けや保護者の助けを得て飼育を支える保護者グループを
立ち上げたそうです。今回、お子さんが卒業するにあたり、署名運動を
始めてくれました。

この方は、先日開かれた動物観研究会にこられて、「子どものために、
学校を獣医師が支援する体制を全国にひろめたい」と、皆様にお母さんの
言葉で切々と話されました。

 
皆様のお力添えをお願いもうしあげます。
リンクして、広くご紹介くださるようお願い申しあげます (原文ママ)。

http://www.saturn.dti.ne.jp/~shimasan/

==========(引用ここまで)==========

また、中川先生ご主宰のホームページ 「学校飼育動物を考えるページ」 の掲示板では、田中さんご自身による★☆We need 手助け☆★学校動物の飼育について思うこと
という投稿もございますので、主旨については十分にご理解いただけると存じます。

皆様のご協力を宜しくお願い申し上げます。

投稿者 Yuki : 01:48 PM | コメント (0)

月刊ペットポータル 2004年5月号、配信しました。

月刊ペットポータル、配信しました。

■月刊ペットポータル■ 目 次 **************************************
┏━━━━━━━━┓
┃プレゼント 特集
┗━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
フィラリア前線、本州を北上中
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
ペットのブログ(BLOG)・ホームページを作りませんか?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

******************************************************
ご購読ご希望の方は、無料ですので下記からご登録下さい。
最新号のみバックナンバーとして公開しています。
読者の皆様からの応援が発行の励みになっています。

まぐまぐ  melma!  Macky!

ヨロシクお願いします。

投稿者 Yuki : 01:32 AM | コメント (0)

May 09, 2004

学校飼育動物のための署名活動にご協力お願いします

全国の幼稚園や、保育園、小・中学校では子供に命の大切さ、動物に対する愛情、科学的な興味を育むなど、さまざまな目的をもって、小動物が飼育されています。
先生が生徒を非常に上手に指導されながら、衛生的に飼育されている学校もありますが、先生が忙しすぎたり、獣医学や公衆衛生学に専門的な知識をもたないために、飼育に困られている学校もたくさんあります。
この冬の一連の「鳥インフルエンザ」騒動の際に、獣医師の巡回による学校飼育動物の健康診断がマスメディアに大きく取り上げられたことは、まだ記憶に新しいところだと存じます。

そのような中で、生徒をもつ田中さんとおっしゃる母親の方がホームページを立ち上げられ、今回の鳥インフルエンザの発生など突発的なときだけでなく、全国各地の学校で定期的に獣医師によるサポートを受けられるよう、署名活動を開始されました。

     署名活動

前回の獣医学教育改善の署名のときと異なり、今回は、すべての人が対象です。
卒業された方も、お子さんがいらっしゃる方も、いらっしゃらない方も、ご同意いただける方はご参加いただければと存じます。

「署名の趣意書」と「署名用紙」は上記のURLからダウンロードできます。
自署でご署名の上、田中さんに郵送してください。(郵送先も上記のサイトでご覧いただけます)

これが全国的な動きにつながると良いとペットポータルでも望んでおり、今回、リンクのご依頼をお引き受けした次第です。

なお、学校飼育動物に関する図書は、■ペットポータル■お気に入りの本を探そう でもたくさん掲載しています。 ご参考になれば幸甚です。

投稿者 Yuki : 11:45 PM | コメント (0)

May 08, 2004

犬フィラリア前線、九州・四国に上陸しました。

今年も、犬フィラリア症を予防する時期になって来ました。
犬フィラリア症が蚊によって媒介されるのはご存知ですね。犬フィラリア症の感染子虫が、蚊の体内で発育するには、ある程度、気温が上昇した状況が続くことが必要です。そこから、HDU(Heartworm Development Heat Unit)という概念が案出されました。そのHDUを計算すると、各地域でのフィラリア感染開始可能(HDU 130以上)時期を予測することができます。
通常、予防薬は蚊の感染開始1ヵ月後から感染終了1ヵ月後まで投与します。
※ただし、HDUは、あくまでフィラリアの感染期間を知るためのひとつの考え方です。フィラリア感染期間と、その予防期間を限定するものではありません。

■ 沖縄では昨年から通年でHDUが130以上で、フィラリアの感染は年中起こる可能性があります。
■ 4月22日、鹿児島でHDU130以上となり、犬フィラリア症の感染が可能となったことが示唆されました。

■ 5月2日、宮崎・熊本で犬フィラリア症の感染が可能となったことが示唆されました。
■ 5月4日、高知で犬フィラリア症の感染が可能となったことが示唆されました。
■ 5月5日、福岡で犬フィラリア症の感染が可能となったことが示唆されました。

お住まいの地域でのフィラリア予防薬の投薬期間と回数については、かかりつけの動物病院にご相談くださいますようお願いします。

なお、過去7年間の各都道府県でのHDU 130以上の期間を以下から調べることができます。
■ペットポータル■HDUによるフィラリア症の感染予測


投稿者 Yuki : 02:17 PM | コメント (0)

May 01, 2004

チップなら、迷子も登録も狂犬病予防接種率もうまく行く

タイトルに掲げた問題については、マイクロチップが一つの解決策になると、ペットポータルでは考えます。

チップを導入することにより、大きな利点がいくつもすぐに挙げられます。
まず第1に、ペットの迷子探しに役立ちます。

下の記事にある通り、海外では何と! 10年経って、見つかったネコちゃんの例だってあるんです。

「マイクロチップのおかげで10年後にネコ、戻る」
MSNBC - Chip helps cat return after 10 years

こちらは、2年後に見つかった事例です。
「ID(個体識別)チップが、2年間離れた犬と家族を結びつける」
channelcincinnati.com - News - ID Chip Reunites Dog With Family Two Years Later

このように、チップを入れていればこそ、遠く離れてしまった場合でも、何年も離れ離れになっても、個体を識別することができてめぐり合うことができるのです。

第2に、ペットの登録がスムースに行くと考えられます。
皆さんのワンちゃんはちゃんと登録されているでしょうか。
今、日本では飼われている犬の半分くらいしか登録されていないと試算されています。
ひょっとすると、飼い主さんの中には、犬は登録しなければならないということをご存知ない方もおられて、登録されていないのかもしれません。
昔は、毎年登録が義務づけられていましたが、今は一生に一回、登録すればOKです。
でも、半数しか登録されてないので、国では義務化も検討しているようです。

ペットの皮下に戸籍情報 無責任飼育、チップ義務化検討 - asahi.com : 社会
    ペットの皮下にマイクロチップを埋め込むことを法律で義務化
    する動きが強まっている。チップの情報と照合すれば飼い主
    が分かる仕組みで、いわばペットの「戸籍」。(原文引用)

この記事の見出しにもあるように、捨て犬・捨て猫の防止になるという効果も副次的な効用として挙げられます。 でも、その人の「捨てる」という行為自体に問題があるので、決定的な解決策になるかどうかは疑問な部分もあります。

第3には、国、都道府県あるいは市町村で狂犬病予防接種率を正確に把握できるようになります。
先程の登録の部分に関連しますが、約半分しか登録されていないと推計されるために、狂犬病予防接種率が計算では2倍ほども高くなっています。
しかし、チップによる登録が進み、各地で正確な数値が得られることで、危機意識も高まり、防疫体制も組めることにつながります。

ないことを願っていますが、万が一海外から狂犬病が入ってきたときの一般の反応(ペットを飼っている人も飼っていない人も)は、今回、鳥インフルエンザが入ってきたときのパニックとは比較にならないのではないでしょうか。
今回、風評により、全然、地理的に関係のない感染する可能性のない場所で、チャボや孔雀(くじゃく)や小鳥が捨てられてしまいました。
狂犬病予防法で感染対象動物に指定されているのはイヌ、ネコ、キツネ、アライグマ、スカンクです。それ以外にも多くの哺乳動物に感染します。

でも、専門家の話では、犬で狂犬病予防接種率が70~80%を維持できれば、人への被害や他の動物への感染を心配しなくともよいとされています。

正確な疫学調査ができるために、まずは飼い主さんが自ら進んで登録して下さることが必要なのです。

しかし、残念なことにチップを置いている動物病院は少なく、まだ制度として「チップで登録」ということにはなっていないのが現状です。

投稿者 Yuki : 02:33 AM | コメント (0)